FC2ブログ

南北会談

朴槿恵氏失脚への世論工作的なし崩し現象、ウルトラ親北の文在寅氏の当選。核実験と長距離ミサイル開発の強行。安倍氏が強くサジェスチョンしながらのトランプの強硬外交と国際社会の強力制裁。森友加計から続く異常なマスコミ報道と国会空転(現状では韓国と違いなし崩し政権崩壊は生じず。しかし今後は?)。金正恩の対話路線への転換ではなく、一気に南の共同体的取り込み。文の対北外交は譲歩と拝跪ありき。現状維持の体制保証が焦点でなくなる可能性は大きい。もっと大きなパワー変動。半島から執拗に続く歴史や情報での日本攻撃。安倍叩きと北礼賛の異様な報道。日本論壇のグランドデザインの欠如……
 安倍政権も与党も「粛々と」ではもう駄目だ。政治の正常化を果す事。国会をギャングの恣にしない新たな制度設計。情報機関やスパイ防止も関係省庁の主導権争いやマスコミ圧力で話がいつも立ち消えになるが、時代の眼が完全に変っているのだから、ただちに変革を強行する必要がある。
 何よりも国民に新たな安全保障事態が到来したことを知らせ、国民に選択させる事だ。
 左翼と自民党・財界がなれ合いながら作ってきた戦後レジームに、これ以上付き合って漸進改革路線を取り続けると、日本は潰れる。安倍首相は漸進改革(5年前はそれ自体画期的だった)から急進的改革に覚悟を定め直す時だ。経済と外交による国際信任を手に入れ、どんなに叩かれても支持率30代を確保する強力な輿論基盤も手に入れている。この政権五年の基盤に立って、強く次の一歩を踏み出すべきだ。雑誌論文などでは昨年から繰り返し提言している。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント