FC2ブログ

【安倍外交への論評】

 北朝鮮情勢が劇的に進む中で、安倍外交蚊帳の外論や、アメリカ、中国、韓国はこう、さあ日本はどうするなどという議論を見ると、ここまで不道徳で国民を愚弄した報道が許されるかと思う。日本は国際諜報組織も自立した安全保障も持たない。持つ議論はマスコミに(多年アメリカに、そして今や近隣諸国の情報工作に)70年潰されてきた。情報と安全保障がまともに機能していない国が全体主義国家とのぎりぎりの外交で主導権を取れるはずがない。しかし、その条件下で、安倍外交は奇跡のように「方向」を主導してきている。安倍=トランプの組み合わせでなければ今の状況は決して存在しえなかったろう。だが、方向を示唆し、流れを作る事はできても、個別に強い外交姿勢は出せない。力や情報で捻じ込む事ができないからだ。
 この基本構図を無視した安倍外交の肯定も否定も意味はない。
 だが、そうした状況理解を踏まえてもなお、私は手足なしの外交でよくここまで大きな変化を主導できたと感嘆の他はない。安倍外交は後世、資料や回顧録などが詳細に開示されれば、タレイラン外交並の評価を得るのではないかと思う。 勿論、これからが勝負。まずはこの6月までの国際外交の緊密な日程の中での正念場に集中してもらいたい。こんな重大な最中でも、まだ安倍氏の足を引っ張りモリカケをやりたいなら、モリカケ担当大臣を作って調査から国会答弁まで全部その人にやらせたらどうだ。やりたい人がいるかどうか知らないけど(笑)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント