FC2ブログ

【日録】

今日も猛烈な一日だ。カラヤン論ヴァグナー部分を引き続き。ティーレマン氏に関する企画書。私主宰の定期会合企画書。近日予定の講演草稿。昨日読み始めた李相哲氏『金正日秘録』読了を目指す。金日成から金正日の代代りの相克と、その反動としての三代目との理解は相当程度妥当と考える。私の信頼する情報源とも一致する面が多い。一致するから用心する必要もあるのだが。政治情報を見ていてつくづく思うのは、これは文学、特に比較文学的な深い長年の素養が必要なジャンルだといふことだ。
 来週が資料の読みと執筆、講演などで怒涛となる。江戸研究を手放さずに世俗の急務をこなさねばならない。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント