FC2ブログ

【サルを再び日本人に戻すという難題】

大日本帝国は統治システムとしてはたとい理由はどうあれ七十年しか持たなかったのだから、致命的な欠陥があったと見なければならないだろう。だが、文化大国、人材大国としては世界史上稀にみる大国たるを――江戸時代に引き続き――維持した。昭和戦後がその遺産を完全に食いつぶし、平成日本人は殆どサルと化した。その進化?の最先端を国会中継で毎日視聴できるのは文化人類学的には貴重な機会と言えるだろう。サルが喚く。すると人間が大真面目に答弁する。サルだから何を言っても納得しない。また吠える。それにまた答える。えんえんとそれを続ける。普通ああいう生き物は山に戻すか檻に入れて管理するほかないのだから、国会議事堂に出入り自由にしておくのは人類史の奇観と言える。サルにも仏性を認める仏教文化のせいか。
 私の仕事は、一心不乱にサルへと下降を続けるこの民族を「日本人」に戻す事。決め手は日本人だった時代の記憶。つまり日本人の思想と文学。さて、今日は文学対談集の推敲。源氏少女。パルジファル3幕。山鹿素行。安倍外交関連資料。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント