FC2ブログ

【米朝日雑感=言葉のやり取りしかない時に有利なのは、元々有利な方なのだが…】

米朝会談についてよく分らない批判が多い。体制保証だけしておいて核放棄の不可逆もプロセスも決めてないから失敗だと言われても私にはさっぱりわからない。体制保証、核放棄、どちらも言葉に過ぎない。北がどんなにアメリカをおちょくってもアメリカは体制保証しなければならないが、半島の非核化と明記してあっても、北には幾らでも抜け道があるというのはどういう理屈なのだろう。
友好ムードの中で北朝鮮が密かに核開発を続けるのが怖いというが、それはアメリカがそこまで間抜けでは怖いという意味でしかない。安倍氏は従来の北朝鮮の騙しの手口とアメリカの弱腰を再三且つ詳細にトランプ氏に説明している。それで騙されるなら余程馬鹿かよほど金氏に惚れたのだろう。馬鹿やべた惚れに付ける薬はないから、その時は諦めるしかないが、私はトランプ氏をそうは見ない。
言葉のやり取りしかない時に有利なのは、元々有利な方である。つまり軍事的な優位に立つアメリカであり、首脳同士が極めて緊密な関係にある経済と技術力ある日本だ。
騙されてはいけないというが交渉しなければ騙されようもない。TPPの時も交渉するだけで日本がアメリカにぼろ負けすると保守派一部が絶叫していた。負け犬根性の強硬派ではなく、勝てる道を考える議論を積み重ねたいものである。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント