FC2ブログ

【安倍外交・安全保障の次の道】

安倍外交の構想は自由社会による対中包囲網にあるが、中国のポストアメリカ覇権戦略が包括的である以上、対処療法や価値観の提示だけではいずれ時代に越される――これを正論4月号に書いた。イノベーションの積極的な保護育成(日本は実に遅れている!)と知識人の再生、軍事学、インテリジェンスの国家による主導が組み合わされなければ、官邸主導や総理の天才的個人プレーを軸にした動きだけでは無理だ。経産省、文科省、外務省、防衛省……うーん。全く新しい国家戦略室を現状の官邸対応、NSC以外でもう幾つか立ち上げ直さないと対処は無理だろう。マスコミ、野党、自民党政局派が、こうした真の国家的主題を妨害し続けるので、私も忙殺されてどれだけ無駄道をしていることか。
今朝は、早朝の新幹線で東京に戻った。東京と伊豆、研究執筆を軌道に乗せる為に一週間交代で過ごしたいのだが、なかなかそこまで戻せない。月刊誌仕上げたのでこれから安保論。今日、パルジファル2幕を引き続き聞けるかどうか。源氏が読めてない。今日は2頁でも読もう。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント