FC2ブログ

【日録】

 昨晩から伊豆自宅に戻った。東京にいると心身が病み疲れ易い。こちらも朝から暑くなりそうな予感はするがさすがに爽やかだ。今日は新聞原稿に早朝から集中し、目処を付けた後は外交論の口述。結局この二週間そこまででへとへとになる日々だったが、今日は、源氏少女、パルジファル1幕への前奏曲と三幕、会田弘継氏『破綻するアメリカ』読書などに入れそうだ。昨晩、酔余、フルトヴェングラーのブルックナー第8、有名なライヴ録音(1949・3・15)の音が大変改善したボックスを1,2楽章聴いて感無量だった。ステレオ装置も紀尾井町会議のFさんの助言で大変よくなり、何とも立体的な――まるでステレオのような――音で響く。誰にも不可能な生き物のように動き、呼吸し、歌い、吐息をつき、祈るという演奏。その後、アマデウス弦楽四重奏団のベートーヴェン132。後期ベートーヴェンや、逆に初期のピアノソナタを聴くと、大学時代に心が戻る。下宿で毎晩、友達と酒と議論と音楽。あの頃を一番蘇らせるのが初期と後期。またあんな暮しがしたいが何よりも談論風発の友たちが消え……。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント