FC2ブログ

随感

昨日の夜から久しぶりに脳に負担を掛けない時間を過ごし始めた。一切の緊張から解放され、数年間「限界だ!」と悲鳴を上げ続けていた脳を暫く休める。
 私は日本の為の仕事から身を引くつもりは全くないが、今や戦うよりも、寧ろ建設を考えたい。国家百年というが、間違いなく、そこに意識的に着手しないと日本に明日はないと、この5年の死に物狂いの安倍政治支えでよくわかったからだ。
そして実は志や思いある人も皆現在に掛かり切りで、誰もそれをしていない。私はこれからそれをする。その為に、暫くどう自分を休めるかが一番の鍵となる。
本格的な研究著述の計画も毎日熟度を上げてきている。これは年季が非常にかかる世界だから、今日ここに何か書いて明日出来上がるとか、数か月でものになるという話ではない。何年もかけて、生涯かけて少しづつ進む仕事だ。毎日同じようなことを書いているようだが、深まり続けている。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント