FC2ブログ

【終わったぞ、始めよう】

自民党総裁選も始まる前に事実上終り、心血注いだ私の著書の仕上も終わった。虚脱状態も終わった。
今日から全力モードに戻る。
 総裁選は事実上9月11日から13日の安倍氏不在の間にこそ決定的に終了するだろうが、日本の存亡を賭けた戦いの「本丸」は10月から始まる。ここまで5年8ヶ月の安倍氏の日本応急手当は奇跡の手腕だが、長期的な「真の」害虫駆除と蘇生はこれからだ。
 一方、私は「アメリカ」と本格的に取り組む。縁が全てそちらを向いている。縁尋機妙。私の人生は全てその機微で進んできた。自分から無理して得た地位も金も名声も一つもない。激浪はしばしばあったが偽物は去り、本物が残る。何も残らねばそれも結構。
カークの『保守とは何か』に今日から本格的に取り組む。江戸思想も。江戸の基軸となるイデオロギーを明確にしながらその多様性を探ってゆく予定。今の私の勉強量では近代日本の成立に結びつける構想は当然全く手が出ないが、とにかく体当りを始める。まずは武士道の成立を幾つかの相で見てゆかねばならない。素人の私が言うのは失礼だが、思想史を描く時の着眼が私に近い若尾政希氏『「太平記読み」の時代』に取り掛かる。新渡戸の武士道は食指をそそられた事がない本だがとりあえず読まねば。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント