FC2ブログ

【異次元の戦いへ】

修善寺と下田に遊び、昨日伊豆の自宅に戻った。疲れが浮かび上がり、倦怠著しい。暫く休んだ方がいいが、今日には東京に戻らねばならない。政局の仕事が入っている。
 束の間の湯治の間も雑誌原稿二本の仕上が入った。
 徹底検証安倍政治の功罪の執筆、その後の二つの雑誌原稿の仕事から私は全く次元の違う仕事に入った。
 安倍政権は日本が戦える土台を築いた。四面楚歌の上、伝統保守の立場から言えば獅子身中の虫だらけで、よくもまあここまで辿り着いたものだ。が、ここからは愈々熾烈な正面戦を戦わねば、安倍政権の後、日本は大崩壊へと進む。
 そこで私も最重要、死活的な幾つかの主題で、愈々次元の違う戦いを発動せねばならない。
 思想家としての仕事が根本に来る。一にも二にもそこが鍵となる。また主戦場はもう日本ではない。
 ……え? 総裁選? 石破さん? いつの話しているの、時代はもう明日に向けて走りはじめている。
スポンサーサイト



コメント

憂いて

日本という国は非常に厄介な状態になってしまったようですね。
戦後の70年はこんなにもひとつの国を翻弄させてしまうものなのかと・・・
小川さんは、大げさに言うと命をかけてここまでの人生を生きてきたようです。記者という職業ではあるが、これはどんな業種にかかわらず、その国の国民なら、その民族の魂が生きているか否かという証の問題かと思っています。
我々多くの国民が「人」という原点に戻って出発しなければ本来の日本国を取り戻すことは無理かと思っています。
それほど重症化した常態ではないかと・・。

どうか、これからもその尊い魂を、その志をもって命がけで活動してください。蔭ながらではありますが応援と、なにか出来ることがあれば自分なりに行動していきたいと思います。
この美しい歴史伝統文化の軌跡のような国が守られますよう祈りつつ応援をしています。
非公開コメント