FC2ブログ

【日録】

今日から保守論、江戸思想論をようやく再開だ。『徹底検証安倍政権の功罪』の執筆とその後の雑誌原稿の発注の多さ、講演と続いた為、8月初旬に再開を考えていたのが今日にずれ込んだ。社会的な仕事を頂くのは有難いが、どう長期的な研究と両立させるかがいつも難題なのである。
 今日はカラヤンの〈ばらの騎士〉論を仕上げ、リベラルについてと九月大歌舞伎の感想、カークのノート作り。源氏の少女に久しぶりに戻り、残りの時間は和辻の日本倫理思想史のひたすら読み進め。5月下旬以来やうやく研究生活に戻れる事に軽い興奮を覚える。

【日録Ⅱ】今日から勉強できるかと思ったら、二つの原稿の〆切が今日中との事だ。笑うしかない。夕方遅くまでかかりそうだ。勉強は明日からだ。まあ午前中、カラヤンの〈ばらの騎士〉部分を書き上げほぼ脱稿したのでよしとしよう。明日はチェリビダッケ論の推敲。これを数日でこなしてバレンボイムというか〈トリスタン〉についての纏まった論考に入る。トリスタン論となるとこれは大変。ヴァグナー自身の伝記的な部分は執筆を終えているが、ショーペンハウアー問題に触れないわけにはゆかず、パルジファルとトリスタンの本質的な差異、そしてニーチェ、マンやブロッホのヴァグナー論、フルトヴェングラー、バレンボイム、ティーレマンの系譜に対して、ベーム、カラヤン、クライバーでは駄目なんだよという話になる。二週間で終る話ではないなあ。その後はティーレマン論でブラームスの第一の二楽章から後を詳細にアナリーゼする部分が未完成。こちらも重労働だ。

【ポリポリ】結局朝から一日中原稿だ。疲れた。食うべきか食わざるべきか迷いながら、煎餅の袋を台所から書斎に持ち込む。覗き込んで言い聞かせるように呟く、一つ位いいだろう……。ポリポリ。そんなけち臭いことしないで二つまではいいのではないか……。ポリポリ。おまえ、頑張ったじゃないか、三つ目までは……。ポリポリ。そして悔恨が襲う。醜悪化の進む腹部の膨満に、人生の憂いは深い。こんな腹をしながら生きている価値が俺にあるのか……。そこで又……。ポリポリ。すっかり秋色になった日差しを眺めながら煎餅の午後が過ぎてゆく。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント