FC2ブログ

【日録】

今日は会田氏の『アメリカの思想家たち』の熟読と、新潮45に関する緊急寄稿で一日終ってしまった。大体筋を読めたので静かないい気持だ。平よおとさっき電話で話したら彼女曰く、先程公開した動画を編集している内に「理事長程同性愛の問題を真剣に考えている日本人はいるのかな、と思えてきた」との事。勿論、そこまでではないけれど、政策論ではなく、性の問題そのものが私の主題の一つなのだから少なくとも真剣に考え続けてきたのは間違いない。
私は谷崎、川端、三島を世界文学の一つの高峰ととらえている。彼らはそれぞれに異端的な性の苦痛と滑稽と荘厳を描いた。それを高く評価する私がどうして性的マイノリティーを保守的教条主義の立場で差別する人間であるはずがあるだろう。性は一人一人が究極的なマイノリティー性を引き受ける場所だ、だからこそ権利概念や政治を簡単に容喙させてはならないし、極左イデオロギーに利用させてはならない、私の主張の核心は以上に尽きる。
これからチェリビダッケを少し聞いて、小津の麦秋を見よう。急激な寒さが身を包む、静かな雨の伊豆の夜である。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント