FC2ブログ

【文芸誌新潮】

文芸誌「新潮」に心底驚愕した。日本で最も歴史ある文藝誌新潮の今月号、矢野編集長の後書で私を基本的な誤読に基き誹謗する一文を載せた上勝手に拙文について掲載誌編集長でもないのに読者に御詫びをし、高橋源一郎氏「「文藝評論家」小川榮太郎氏の全著作を読んでおれは泣いた」という、それこそ泣くに泣けないほど粗末な一文を掲載している。私を貶めたい気持は文章の節々から痛いほどよく伝わってくる。御同慶の至りだ。だがこれではリテラ並みではないか(笑)高橋氏は私の全著作を4日で読了したという。そう書く事自体が私への精一杯の侮蔑なわけだが、幾らなんでも、これは論評の作法を踏みにじりすぎだろう。実際高橋氏は殆ど私の文章を読めていない。明らかに指摘できる事だらけだ。なぜ矢野氏はこんな無責任な文章を平気で文藝誌に載せたのか。
 これ程正面から喧嘩を売られたのは久しぶりだ。
 高橋氏は悪いが捨て置く。屁っ放り腰で逃げながら人をくさす文章に後ろから切り付けても仕方がない。
 矢野氏よ、覚悟せよ。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント