FC2ブログ

【新潮……】

新潮社佐藤社長と新潮編集長矢野優氏はHanadaから申し入れた小川との対談を即座に断ってきました。矢野氏の木で鼻を括るようなたった2行のお役所回答は秀逸でした(笑) 一昨日発売、その矢野氏の編集になる『新潮』では7人による新潮45批判、小川批判が並んでいます。新潮45の7本に皮肉を飛ばしたつもりでしょうが45の多様性はこちらでは全く担保されていません。一読呆れたのは、私のテキストに何とか対峙しようとしている人さえ一人しかいなかった事でした。後はテキストの読みも示さず差別主義者と決めつけるか差別を嘆く悲しみ。「七人の寄稿者による真摯な発言が、七色の虹のような言論の多様性を生むことを願う」とは編集部の前書き。七色の虹って少女雑誌ですか? しかも中身はほぼ一色なんですけど(笑)
 私は「事件」でも「犯人」でもありません。私の「論文」が物議を醸したのだから、私抜きで批判的論考だけを7本並べるのは言論ではなく「いじめ」でしょう。朝日新聞もいきなり裁判で私を社会的に断罪、新潮社も当人の対話呼びかけは断りながら7人を動員しての批判。人の基本ができていない人たちが「朝日新聞」「新潮社」というビッグネームを背負っている風景はなかなか恐ろしいものがあります。
 私は今日は和辻『日本倫理思想史』口述という難所がこれからあるので緊張しています。朝日、新潮を相手に喧嘩は時間が勿体ない。何しろいつだって絶対私の問いに答えるつもりはない一方的非難しかないのだから。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント