FC2ブログ

憲法改正の国民投票を求める

一昨日は、「憲法改正の国民投票を求める」全国大会に出席。美しい日本の憲法を作る国民の会の代表委員の末席に列しているからだが、今、日本がどれ程風前の灯火か、安倍政権と共に終る可能性が如何に高まっているか、保守も含め、危機感の感度が絶望的なまでに低い。憲法改正で民意をとれるかどうかと日本の寿命は密接に関係する。写真は有村治子議員と、論壇に出て以来ずっとおせわになっている出島さん。田久保忠衛共同代表の挨拶。田久保氏の国会議員への皮肉、特に威勢のいいことを直前に言い放った長島昭久議員への皮肉は痛烈だった。「先程長島先生がお約束して下さったので、明日から憲法審議は劇的に前進することになるでありましょうが……」
会場では日本会議の椛島総長、源氏で私を脅迫し続けてくれている(笑)工藤さん、神奈川の木上さん、熊本の高原朗子さんはじめ地方で懸命に改憲運動をされている皆さん、衛藤晟一氏、古屋圭司氏らと談話。日本会議なく、自民党だけだったら、憲法改正は安倍総理一人の勇み足で終っただろう。そこを公平に評価できる党派的ならぬ保守人士のいかに少ないことか。

画像に含まれている可能性があるもの:4人、小川 榮太郎さんを含む、、スマイル、立ってる(複数の人)

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント