FC2ブログ

深刻な本質はどこにあるか

今回の朝日新聞の訴状は、極めて深刻な内容である。事実そのものでなく、事実をどう表現するかに関して、ここまで多数の項目を裁判所の判断に委ねるというのは、自由社会の自己否定に他ならない。全項目とも言論戦で決着が付くものばかりであり、私は言論戦に応じているのである。
本件の裁判所の扱い方次第では、日本の言論が事実に著しく反する記述による名誉棄損の問題ではなく、事実についての判断や推論や感想の表現に関して、金と権力のある会社や機関が個人著者を訴え、裁判所の判断によって表現の幅を大きく規制されるという、明治以後最悪の言論統制社会を招きかねない。大日本帝国下の言論は基本的に➀皇室と②共産主義と③猥褻表現を除き、今回のような表現の自由を明らかに侵害するレベルの根源的な検閲はなされていないはずだ。政府批判は戦前も盛んであり、軍閥批判も昭和10年前後から難しくなるが、それ以前にはむしろ軍人の肩身の狭い時代が続いていた。
 私は訴状を法律家とは別の見地――つまり歴史研究を行いながら思想文学の営みをしてきた一思想家として――新年あけに丹念に研究しようと思う。
 私一個の問題でもなく、朝日新聞の横暴を難じて済むレベルの話でもないのではないか。
日本の言論の自由の歴史を大きく歪める大不祥事になりかねない。
左右を越えた有識者が、朝日叩き、小川擁護というレベルではなく言論の自由に関する深刻な事件として声を上げてほしいと思う。
色々な方からご心配をいただいているが、私は失うもののない人間だから、ご心配には及ばない。奪われ続けている勉強時間以外に本当に欲しいものは何もありません。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント