FC2ブログ

自民党は安倍総理を守り、国政を前に進めよ

守るべき時に守る人間だけが、総裁選を戦う時に真の同志を得られる。去年からのもりかけの安倍叩きが全て不毛なネタであることは自民党の議員諸君はわかっているはずだ。ならばしっかり声を上げて総裁を守ったらどうだ。わずかな若手有志と重鎮一部だけが再三安倍支持を確認している現状は情けない。
 逆に、真に安倍氏が不信任に値するなら堂々と罪状を上げて糾弾し、退陣を要求したらどうだ。
 異常・不当な朝日主導のマスコミ安倍叩きの中でしっかりと氏を支える声を上げられない不甲斐ない人達が今後の総裁候補だというのは日本の明日の最大の不幸だ。
 石破氏は田中角栄が佐藤政権下、秘密裡に子分作りをして福田への禅譲を引っ繰り返した故事に倣い地方支部を押さえて歩いているのかもしれないが、田中が歴代政権に忠実に仕えて誰よりも仕事をしたから人望を得た点を見落としている。安倍政権下の石破氏は党要職時も閣僚時も政権=支持する国民の期待に応えたとは到底言い難い。中曽根政権の時に安倍外相も竹下蔵相もしっかり仕事をした。安倍晋太郎は病に斃れたが、中曽根氏へのマスコミ攻撃の度に二人が一緒になって小細工をしていたら竹下政権もなければ今の安倍晋三政権もなかったろう。
 人の道に立ってこそ、熾烈な権力闘争も戦い得る。
 マスコミ、野党はもとより自民党もそこの基本がわかっている人が消えかけている。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント